アーカイブ

非抜歯→抜歯で矯正してる者です

私は非抜歯→抜歯で矯正してる者です
しかもしっかり治って江坂で歯周病歯科医院一覧から抜歯矯正希望しました。
最初、非抜歯でも抜歯でもどちらでもきちんと治るとのことだったので、先生が私ならどうするかと尋ねたところ非抜歯でやるかな、と言われたので非抜歯で治療していました。
私はどちらでもきちんと治る、というのを、非抜歯でも抜歯でもまったく同じ結果が得られるのだろうと期待していました
姉、妹が抜歯で矯正していて、妹はまだ途中ですが姉に関してはすごく真っ直ぐで綺麗な仕上がりになっていたので、自分も非抜歯だろうが、そうなるものだと思ってたんです。

そして、装置が外れた時の印象は、「何かまだ前歯が…。」
というものでした。
これは個人の主観によるものが大きいと思うので、この状態で心から満足いくって人も沢山いると思います。
実際私の歯並びも、理想とされる歯の見本の模型と同じになっていました。
でもどうしても自分の歯並びに満足いかなかったんです。

私は元々の歯並びも軽い上顎前突、ガタガタはほぼなし、横顔もEラインにギリギリおさまってる、といった状態でした。
そんな私ですが、結果に対して、まだ前歯が出てる、口元ももっと引っ込めたかった。歯の角度ももっと真っ直ぐになりたかった…との思いが強かったです。
そのまま半年以上リテーナーしながら悩んで、先生に相談して、現在は再矯正してます

ちょっとかわいそうだった子どもの矯正

学校の歯科検診で「反対咬合」という診断結果をもらい、大阪歯周病治療専門サイトなら歯科医院に相談に行きました。

矯正は思っていた以上にお金がかかるもので3件の歯科医院に相談しましたが30万程度から50万を超えるところもありました。

費用や矯正の方法などを考慮して結局は矯正専門の医院で治療することにしました。

矯正器具を取り付けてねじを使って少しずつ広げていく方法でした。

見た目には矯正していることがわからないのがこの方法の利点です。

ですが、その矯正器具を取り付けた日は結構な痛みがあり痛み止めを飲んで、我慢しなければいけませんでした。

また、器具を取り付けているせいで少ししゃべりにくくなりました。

それから、矯正器具の構造上、真ん中の部分が開いていてその部分に食べ物が挟まってしまい

食事の時も大変そうでした。

そのような状況を5年間も続け(途中1年程度成長過程で、様子見のため休止していた期間があります)

やっと終了したときには本当にご苦労様という感じでした。子どもは歯並びがきれいになったので喜んでいました。

投稿日: 2017年12月29日 カテゴリー: 矯正歯科