長年放置していた虫歯をついにやっつける

歯医者にはいい思い出がありません。
匂いが独特で、ドリルの音はするし、子供の泣き声が聞こえるし、なにより虫歯の治療は歯を削る。
長年、放置していた虫歯を治療しに五反田にある歯医者へ通いました。
ちなみに当時職場の先輩に、とても丁寧だよと紹介をしてもらったのがきっかけです。

 

最近の歯医者は、内装や待合室がとてもお洒落でリラックスが出来ます。歯医者に限らずクリニックもそのような雰囲気になっていますね。
それでもドアを開ける度にドリルの音がするのは怖いなぁとも思いますが我慢我慢。
虫歯の位置や詳細を確認するため、レントゲンを撮りましたが虫歯の多さに歯科医もちょっと苦笑いしていました。

 

一番大きな虫歯から取り掛かることになりましたが、どうやら麻酔をし神経を抜かなければいけない程深刻でした。麻酔なんて人生で初めてだし、神経を抜くなんて聞くだけで痛い。
でも歯科医には逆らえませんね。嫌とも言えず我慢しました。削ってはうがいしての繰り返し。

 

麻酔して神経抜いて、でもそんな感じはしないのに治療は口元でしているし、最終的に銀歯を詰め込みました。一番目立ちます。二度と麻酔はするか!と思いましたが、別の歯の詰め物が取れてしまい今度は三国で口コミの良かった歯科医院へ。治療していない虫歯があり、結構大きいみたいで麻酔をするみたい。

 

その話はまた今度にでも。長年放置していた一番大きい虫歯をやっつけられたので、それだけでも良かったかなと思いました。もう二度と行きたくないですね!