これは結局、虫歯だったの?

虫歯が多くて、しょっちゅう歯医者通いをしている私。それは小さい頃からでした。何でも虫歯になりやすい口内をしているようで、おまけにお菓子や甘い物が大好きとくれば、虫歯にならないはずがありません。そんな私なのでかかりつけの歯医者というものがありました。実家の近くで、大阪でとても評判の良い歯周病歯医者さんです。しかし、私はそこで勝手にしたくもない治療をされてしまったのでした。それは前歯の治療です。私の前歯はある部分だけ、四角く色が変わっている所がありました。そこまで大きい物ではなく、4分の1程度の大きさの物です。虫歯というより、他の歯とちょっと色が違うというものでした。私自身はそのことに対して、さほど気にしてはいなかったのです。でも、何分子供でした。先生が治療の話をしても、頷くことしかできず、何の治療をするのか分からないまま、治療をされてしまったのです。終わってみて驚きました。前歯の色が違っている部分だけ削り取られ、綺麗に治療されてしまったのです。びっくりしましたが、当然反論することもできず…今に至ります。結局、その歯の何が悪かったのかは分からないままなのです。ただ単に色が違っているだけだったのなら、治療なんてしたくなかったのです。親についてきてもらえば良かったとと、今でも激しく後悔している歯医者さんの思い出です。